異常な暑さです。効果的なアイシング方法を...

暑いですね。
というか、異常な暑さです。メディアでは「命にかかわる猛暑」と
報道されいます。
体調管理には、十分に気をつけましょう!

夏休みも終わり、通常でしたら気温が下がる時期ですが
なかなか、この暑さはおさまる気配がありません。
スポーツ系の部活やクラブで活動されているお子様が
いらっしゃる保護者の方は、この暑さのなかでの練習や試合などは
ご心配かと思います。

そこで、屋内および野外のスポーツに限らず、効果的なアイシング方法
ご紹介します。
体育教室でも実践しているのですが、いろいろ試してみて
この方法が一番、体の熱を下げることができるようです。

まず、アイスボックスの小さめサイズのものを用意します。
次に氷を入れるのですが、氷はブロックのものが冷えますし、長時間
使えますから、お得です。

アイスボックスにブロック状の氷(板氷という名前で売られています)を
入れたら、水を半分くらい入れます。
あんまり、水を入れすぎないでくださいね。

そこに「おしぼりタオル」(薄いタオル地のものがいいです)を入れて
よく浸します。
これが、手がしびれるくらい冷たいんですね⤵
体育教室では、ここにペパーミント精油を5滴ほど垂らしてます。
以前にもご紹介しましたが、ペパーミントは殺菌効果と体の熱を
下げる効果があるんですね。
ですので、より冷たく感じるんです。

あとは、アイシングする際に、この冷やした「おしぼり」を
子供たちに渡して、顔や首、腕などを拭くように指導します。
この状態で、扇風機にかかるとかなり気持ちいいですよ(笑)
拭き終わった、おしぼりは「バケツ」に入れてもらいます。
(足りなくなった時に洗って補充するためです。)

部活やクラブでしたら、試合の時にご家庭から氷を持ってきて
もらっていると思うのですが、この氷はタッパーで作るよりも
とうふが入っているパックやヨーグルトの容器(できれば大きいサイズ)
がオススメです。

我が家では、球磨酪農さんのヨーグルトがはいっている、あの大きい
サイズのもので氷をつくります。
フタがついているので、冷凍庫に入れるときに便利です。…

ハマってます!食物と健康のわかりやすい本...

この猛暑で体調がいまいちな方は多いのではいでしょうか?
なんかだるい…。体が重い。風邪をひきやすい…。
症状はいとそれぞれだと思うのですが、食べ物と健康の関係を
わかりやすく紹介してある本を読みました。

熊本大学名誉教授 前田 浩 著
「最強の野菜スープ」

植物が紫外線から自分の身を守るために合成される抗酸化物質のことを
ファイトケミカルと呼ばれています。
以前から、時々耳にしていたフレーズだったのですが、何のことやら
わからず興味がなかったのですが、この本を読んでようやく理解できました。
そのわかりやすさからか、12万部突破しているそうで…。
スゴイです(笑)

筆者の前田教授は、抗がん剤の世界的権威で、かなり有名な方だそうです。
しかも熊本ではないですか!
何やら難しい内容なのではと思っていたら、いたってシンプルで
わかりやすい構成になってます。

がんの研究をしている先生は、日本でもたくさんいらっしゃるワケ
ですけど、当然、がんがどのように出来て、結果どうなるのかなど
メカニズムについては熟知している方々ばかりです。

そんな、とてつもない研究をしている人たちは、がんにならないためには
健康でいるためには、どんな事をしたらいいかをよく知っているんですね。
すごい説得力があります。

ここで、紹介されてる野菜スープのつくりかたは、びっくりするほど
簡単です。
このスープを飲むと、さまざまな効果が得られるのですが
一番うれしいのは、「免疫力」がつくことですね。
お子様のアトピーで悩んでいる方は、多いかと思いますけど
一度試してみるのもいいかもです!

他には、高血圧や糖尿病、白内障、うれしいことに「シミ」
にもいいそうです。
高い化粧水よりも、サプリメントよりも、データで実証されている
野菜スープ
を活用すれば、きれいなお肌が手に入ります。うふふ
ただいま、実践中です。

最近は、テレビでいろんな栄養素の話が特集されていますけど、…

暑い夏です。台所に立つのもしんどい…。手...

連日の猛暑で、ごはんをつくるのもしんどいですね。
あまり無理をせず、たまには手抜きをしましょう(笑)

ささっと短時間でできるレシピはありがたいですね。
もう一品欲しいときや、どうしても今日は料理がしたくないときに
よく作る料理をご紹介します。

①厚揚げマーボ豆腐
なんのこっちゃない、普通の豆腐から厚揚げにかえるだけです。
豆腐だと、どうしても煮崩れしやすいですし、一度豆腐を煮るという
作業が必要になるのですが、厚揚げだとそのまま簡単に、一口大に
切るだけです。
あとは、お手軽な「麻婆豆腐の素」を使ってしまいましょう。
植物性のたんぱく質もとれますので、おすすめです。

②納豆オムレツ
大豆食品は成長に必要なたんぱく質が豊富ですので、積極的に
とりたいですね。
納豆についている出汁もつかいます。
ボールに納豆とついている出汁を入れてかき混ぜます。
次に玉子を割り入れて、かるく混ぜます。
あとは、フライパンで焼いて、仕上げにマヨネーズとトマトケチャップを
上からかけます。

多少、キレイに形が整わなくてもOK!
この仕上げにマヨネーズとトマトケチャップをかけるので、大丈夫です。
味付けいらずで、簡単ですのでお試しを!

③トマトジューススープ
冷蔵庫の残り物の野菜を小さめにカットします。
あれば、ベーコンをいれると味が整いますけど、なくてもいいですよ。
コンソメスープの素を入れて、野菜が柔らかくなるまで煮ます
仕上げにトマトジュースをお好みの量を入れればスープの出来上がり。
味見をして、味が薄いようでしたら塩コショウを少々入れてください。

子供たちが好きなウインナーを入れれば、ボリュームアップしますので
ご飯のおかずとしても活用できます。

なるべく家事は手早く済ませたいものです。
あまり無理をしないように、休みたいときは思い切って
お惣菜を使うのも手です。

夏休み中で、何かと忙しくなる毎日ですが、無理は禁物!
たのしく過ごせるように、工夫をしましょう。
イライラする前に、楽をする方法を選択しましょうね。

 

 

 …

睡眠不足は、熱中症にかかるリスクが高い!...

暑い…。かなり暑いですね。
体育教室でも、熱中症対策をがんばっています。
飲み物を、いろいろと試してみたんですが、やはり
「OS-1」は、いいみたいですね

大量の汗をかいた後とか、逆に汗が出にくいときなどには最適です。
常に飲むことはありませんが、「これはヤバイなぁ」と感じたときには
即、飲むようにしています。

熱中症の対策では、とにかくこまめな水分と塩分補給を言われますけど
もうひとつ大切なのは、「睡眠」の質と時間ですね。
夏休みは、イベントが盛りだくさんです。
夏まつりやお盆での親戚の帰省や旅行などで、ついつい夜更かしして
しまいます。

睡眠時間がいつもより少ないなと感じたら、翌日の日中は注意して
あげてくださいね。
食欲があまりなかったり、汗を大量にかくとか逆に汗が出ないとか
だるそうにしているとか、いつもと違う症状が現れたら、涼しい部屋で
休ませて体温を測りましょう。

熱があったり、食事がとれないようなら、そく病院へ行ってくださいね。
小さいお子様は、特に夢中になると体調の変化に気づきにくいですし
本人も自覚がない時がありますので、要注意です。

小学生の中高学年になると、睡眠不足で心配なのは「ゲーム」ですね。
運動をしていて急に体調が悪くなる場合は、かなりの確率で睡眠が不足
が影響しています。

夜の1時や2時ぐらいまでゲームをやって
昼過ぎまで寝ているという生活になるケースがあります。
暑すぎる夏だからこそ、規則正しい生活で体調管理をしましょう。

睡眠がとれていないと免疫力が下がりますので、病気にもなりやすい
ですし、不規則な生活を続けているとメンタルにも大きく影響してきます。
朝食を必ずとって、夏休みの宿題をして、友達と遊ぶなど一日をどう過ごすのか
話し合いをするのもいいですね。

話をするだけで、意識づけされますので、何かの時にはストッパーになって
くれます。
夕飯のときには、一日の出来事を聞き取りましょう!
楽しかったこと、できた宿題を見て褒めるとか、いいですね。

夏休みは親子の会話をたくさん増やせるチャンスです。
いつもと違う会話で、お互いのコミュニケーション力を鍛えましょう!

 …